ゼロからのPython入門講座条件式と分岐 比較演算子

条件式と分岐比較演算子文字列の比較if 文 による条件分岐else 節比較以外の条件式elif 節

学校の算数の授業で、>(大なり) や <(小なり)などの不等号を使って、

A < B

のように A は B より小さい という条件を書いたことがあると思います。

Pythonでは、同じように不等号を使って、2つの値を比較し、その不等式が正しいかどうかを調べることができます。

例えば、次の式は、数値の 10010> 記号で比較して、10010 よりも大きいかどうか調べます。

In [3]:
100 > 10
Out[3]:
True

> は、数値の 10010 を比較する演算子です。比較の結果、100 のほうが 10 よりも大きければ、>演算子の条件が満たされるので、True(真)という値を返します。 True は、ブール型 という種類の、特殊な値です。

ブール型 については、のちほど詳しく解説します。

また、

In [4]:
10 > 100
Out[4]:
False

は、10100 を比較します。10100よりも小さいので、>演算子の条件が満たされず、False(偽) という値を返します。 False も、 True と同様に、ブール型 という種類の値です。

このように、値を比較する演算子を、比較演算子 といいます。

比較演算子は、2つの値を比較し、条件が成立すれば ブール型True(真) を、 成立しなければ ブール型False(偽) を返します。

主な比較演算子には、以下のような種類があります。

演算子 条件
a < b a は b より小さい
a <= b a は b と等しいか小さい
a > b a は b より大きい
a >= b a は b と等しいか大きい
a == b a と b は等しい
a != b a と b は等しくない

もう少し比較演算子の例を見てみましょう。

A < B という比較は、Aの値がBよりも小さければ True となります。

In [1]:
10 < 100  # 10は100より小さい
Out[1]:
True

AB と等しいか大きければ、False となります。

In [4]:
100 < 100 # 100は100と等しい
Out[4]:
False

A <= B という比較は、Aの値がBと等しいか小さければ True となります。<= 演算子は、学校の授業で習った 記号と同じです。

In [5]:
10 <= 100  # 10は100より小さい
Out[5]:
True
In [6]:
100 <= 100  # 100は100等しい
Out[6]:
True

A == B という比較は、AB が等しければ True、等しくなければ False となります。

In [7]:
100 == 100 # 100は100と等しい
Out[7]:
True
In [8]:
99 == 100 # 99と100は等しくない
Out[8]:
False

A != B という比較は、A == B とは逆に、AB が等しくなければ True、等しければ False となります。

In [12]:
99 != 100 # 99と100は等しくない
Out[12]:
True
In [13]:
100 != 100 # 100は100と等しい
Out[13]:
False
Copyright © 2001-2021 python.jp Privacy Policy python_japan
Amazon.co.jpアソシエイト
Amazonで他のPython書籍を検索