Python入門講座条件式と分岐

if 文 による条件分岐

比較演算子文字列の比較if 文 による条件分岐else 節比較以外の条件式elif 節

次に、比較演算の結果から、決まった条件を満たした場合のみ、処理を実行する方法を紹介しましょう。

例として、 a という変数の値が整数値 100 に等しければ「100点満点!」 と出力する処理を書いてみます。

条件による処理の分岐は、if 文 で行います。 if 文は次のように記述します。

if 条件式:
    処理1
    処理2
    ...

このように記述すると、条件式 の結果が True になったとき、処理1、処理2、... が実行されます。条件式False の場合は、処理1、処理2 は実行されません。

比較演算 a == 100True の場合のみ、メッセージを出力する処理は、次のように記述します。

In [10]:
a = 100 # 変数a に 100を設定する

if a == 100:  # a が 100 と等しければ、print()関数を実行する
    print("100点満点!")
100点満点!

このプログラムを実行すると、100点満点! と出力されます。 比較演算 a == 100 の結果が、True になるので、if 文 以降に指定した処理が実行されます。

if 文の書き方

if 文は、 まず if 条件式: という行で始まります。 条件式の後ろに、: 記号が必要ですので、忘れないように気をつけてください。

if 条件式: の次の行から、条件式が True となった場合に実行する処理を記述します。

インデント

条件が満たされたときに実行する処理は、行の先頭に スペース文字4文字 入力してから記述します。

if a == 100:
    print("100点満点!")
^^^^
スペースを4文字入力

このように、行の先頭にスペース文字を入れて段付けすることを、インデント と言います。インデントは、かならず スペース4文字 で行います。

また、if 文と、if文に続くインデントされた部分を、 if節(ifせつ) と言います。

条件式がFalseとなる場合

変数 a の値を 100 以外にして、もう一度実行してみましょう。

In [11]:
a = 99 # 変数a に 99 を設定する

if a == 100:  # a が 100 と等しければ、print()関数を実行する
    print("100点満点!")

この場合には、100点満点! は出力されません。 比較演算 a == 100 が、False となるからです。



【Copyright © 2001-2020 python.jp】 【Privacy Policy】 python_japan