Python入門講座文字列と入出力

文字列の演算子と数値

文字列print() 関数input() 関数メソッド文字列の演算子と数値

数値同士の足し算では、値と値を加算した結果が得られます。整数の 123456 を足せば、579 になります。

In [5]:
123 + 456
Out[5]:
579

文字列同士の足し算は、文字列の連結になります。文字列の "123""456" を足すと、"123456" になります。

In [6]:
"123" + "456"
Out[6]:
'123456'

文字列の数値化

数字だけからなる文字列は、次のように int() を使って整数に変換できます。

In [10]:
text = "123"
print(int(text))
123

int() をつかって、文字列 "123""456" を、数字に変換してから足してみましょう。

In [12]:
text1 = "123"
text2 = "456"

print(text1, "と", text2, "を足すと", int(text1) + int(text2), 'になります')
123 と 456 を足すと 579 になります

また、float()使うと、float型に変換できます。

In [16]:
text = "123.4"
float(text)
Out[16]:
123.4

数字以外の文字は、数値にはできません。次のようなエラーになります。

In [18]:
int("Hello")
---------------------------------------------------------------------------
ValueError                                Traceback (most recent call last)
<ipython-input-18-5cdea6865089> in <module>
----> 1 int("Hello")

ValueError: invalid literal for int() with base 10: 'Hello'


【Copyright © 2001-2020 python.jp】 【Privacy Policy】 python_japan