ゼロからのPython入門講座文字列と入出力 文字列の演算子と数値

文字列と入出力文字列print() 関数input() 関数文字列の演算子と数値メソッド

Pythonでは、文字列はこれまで使ってきたような数値とは、まったく違った種類のデータとして扱われています。

数値同士の足し算では、値と値を加算した結果が得られます。整数の 123456 を足せば、579 になります。

In [5]:
123 + 456
Out[5]:
579

しかし、文字列同士の足し算は、文字列の連結になります。文字列の "123""456" を足すと、"123456" になります。

In [6]:
"123" + "456"
Out[6]:
'123456'

また、数値と文字列を足すと、次のようなエラーになり、加算することはできません。

In [3]:
123 + "456"
---------------------------------------------------------------------------
TypeError                                 Traceback (most recent call last)
<ipython-input-3-cf0bc07b5dc6> in <module>
----> 1 123 + "456"

TypeError: unsupported operand type(s) for +: 'int' and 'str'

文字列の数値化

数字だけからなる文字列は、次のように int() を使って整数に変換できます。

In [10]:
text = "123"
print(int(text))
123

int() をつかって、文字列 "123""456" を、数字に変換してから足してみましょう。

In [12]:
text1 = "123"
text2 = "456"

print(text1, "と", text2, "を足すと", int(text1) + int(text2), 'になります')
123 と 456 を足すと 579 になります

また、float()使うと、float型に変換できます。

In [16]:
text = "123.4"
float(text)
Out[16]:
123.4

数字以外の文字は、数値にはできません。次のようなエラーになります。

In [18]:
int("Hello")
---------------------------------------------------------------------------
ValueError                                Traceback (most recent call last)
<ipython-input-18-5cdea6865089> in <module>
----> 1 int("Hello")

ValueError: invalid literal for int() with base 10: 'Hello'

数値の文字列化

int() を使って文字列を整数に変換するのとは逆に、str() を使って数値を文字列に変換できます。

In [18]:
num = 123
str(num)
Out[18]:
'123'

文字列データと数値データを組み合わせて文章を出力するとき、数値を文字列に変換してから、最終的な文字列を作成することがあります。

たとえば、身長の数値データが height という変数に入っているとき、height の値を使って「わたしの身長は xxx cm です。」というメッセージを出力する方法を考えてみましょう。

「わたしの身長は xxx cm です。」の xxx の部分を、変数 height の値で置き換えて出力したいわけですが、こんなときは、height の値を str() で文字列に変換し、前後の わたしの身長は という文字列と、cm です。 という文字列を加算して作成できます。

In [21]:
height = 172   # height に 172を代入する
print("わたしの身長は " + str(height) + " cm です")
わたしの身長は 172 cm です
Copyright © 2001-2021 python.jp Privacy Policy python_japan
Amazon.co.jpアソシエイト
Amazonで他のPython書籍を検索