Python入門講座ブール型と論理演算子

not 演算子

ブール型論理演算子and 演算子or 演算子not 演算子

これまで、 and 演算子と or 演算子を紹介しました。

Pythonの論理演算子には、andor の他にもう一つ、not 演算子があります。

not 演算子は、指定した式の値が True(真) なら False(偽)を返し、指定した式の値が False(偽)ならTrue(真) を返す演算子です。

たとえば、ある乗り物は「10歳未満 以外 はお乗りいただけます」という条件がついているとします。

10歳未満という条件は

age < 10

と書けますが、今回の条件は10歳未満 以外 ですので、もうひと工夫必要です。

こういう場合、not 演算子を使って、age < 10False な場合に結果がTrueとなるようにします。

not 演算子は、次のように記述します。and 演算子や or 演算子と違って、式を一つだけ指定できます。

not 

not 演算子をつかって、このプログラムを書いてみましょう。

In [8]:
age = 20  # 年齢は20歳

if not (age < 10):
    print("お乗りいただけます。")
お乗りいただけます。

変数 age20 ですから、 age < 10 という式は False となります。そして、not 演算子はその結果を反転し、結果として True となります。



【Copyright © 2001-2020 python.jp】 【Privacy Policy】 python_japan