ゼロからのPython入門講座Python基礎の基礎

関数

れんしゅうもんだい整数と実数変数コメント関数モジュールとimport

Pythonには、単純な足し算や引き算以外にも、便利な機能がたくさん用意されています。そういった便利な機能の多くは、関数 として利用できるようになっています。

関数 は、次の形式で利用します。

関数名(引数1, 引数2, 引数3, ...)

関数を実行する時、必要に応じて 引数(ひきすう) を指定します。たとえば、数値の絶対値を求める関数 abs() を利用するときには、求める対象の数値を引数として指定します。次の例では、abs() に引数として数値の -200 を指定しています。

In [1]:
abs(-200)
Out[1]:
200

プログラミング用語では、関数を利用することを 「関数を呼び出す」 と言います。また、関数を呼び出して求めた結果の値のことを、戻り値返り値 などと呼びます。

上の例では、引数 として -200 を指定して関数 abs()呼び出し、その 戻り値 として、200 を得ています。

関数と演算子

関数は、 数値や +- などの演算子とおなじように、 の一部として自由に使えます。 次の式は、abs() の引数として 100 + 200 を指定し、その結果を 2 で割り算しています。

In [3]:
abs(100 + 200) / 2
Out[3]:
150.0

関数と変数

関数の引数として、変数 も指定できます。 次の例では、

  1. 変数 minus_value100 * -1 の結果を代入
  2. minus_value を引数として、 abs() を呼び出す

という処理を行っています。

In [5]:
minus_value = 100 * -1
abs(minus_value)
Out[5]:
100

この処理は、 abs() の引数として、100 * -1 を指定した場合と全く同じです。

In [23]:
abs(100 * -1)   # 100 * -1 = -100
Out[23]:
100

関数の戻り値を、変数に代入するのも自由です。次の例は、abs() の戻り値を、変数 abs_value に代入しています。

In [22]:
abs_value = abs(10)
abs_value * 2  # abs(10) * 2 とおなじ
Out[22]:
20

関数の例

以下に、Pythonで用意されている関数のごく一部を紹介します。かんたんに呼び出せるものばかりですので、実際にサンプルを打ち込んで、動かしてみてください。

abs() 関数

abs()の引数に正の値を指定すると、そのまま同じ値が戻り値として返ってきます。

In [120]:
abs(100)
Out[120]:
100

負の値を指定すると、正の値に変換されて返ってきます。

In [6]:
abs(100 * -1)
Out[6]:
100

round() 関数

round() 関数は、引数としてfloat型の数値と、有効桁数を指定して、その桁数に丸めた値を結果として返します。引数は、次のように最初に数値、次に有効桁数の順に指定します。

round(数値, 有効桁数)

次の例は、float値 1.12 を、小数第一位で丸めます。

In [26]:
round(1.16, 1)
Out[26]:
1.2

min() 関数と max() 関数

min() 関数は、引数で指定した値の中で、最も小さい値を戻り値として返します。

In [122]:
min(10, 20, 5, 30)
Out[122]:
5

max() 関数は、min() 関数とは逆に、引数で指定した値の中で、最も大きい値を戻り値として返す関数です。

In [5]:
max(10, 20, 5, 30)
Out[5]:
30


【Copyright © 2001-2020 python.jp】 【Privacy Policy】 python_japan