Visual Studio Code でPython入門 【Windows編】VSCodeでPythonを実行 ターミナルで実行

VSCodeでPythonを実行ソースファイルを作成ターミナルで実行次のステップ

ソースファイルを作成 で作成したプログラムを、VSCodeを使って実行してみましょう。

ここでは、一番簡単な、「ターミナルでPythonを実行」機能を使って実行します。

ターミナルでPythonを実行」 は、特別な準備なしに、すぐにPythonプログラムを実行できます。手軽に使えますので、Pythonの勉強や実験に適した実行方法です。

ターミナルでPythonを実行

  1. メニューで ファイル|ファイルを開く をクリックし、ソースファイルを作成 でデスクトップに作成した hello.py ファイルを開きます。

  2. hello.py ファイルを開くと、自動的にPythonの編集モードとなります。

    画面左下に、インストールしたバージョンのPythonが表示されていることを確認します。表示されていない場合、Pythonのインストール に戻って、Pythonのインストールを行ってからVSCodeを再起動してください。

  3. 画面右上にある をクリックすると、画面下部に ターミナル が表示され、ソースファイルを実行します。

    実行した結果として、Hello World と表示されているのを確認してください。

ターミナルで選択範囲を実行

ソースファイル全体を実行するだけでなく、一部分だけを選択して実行することもできます。

  1. ctrl+a (コントロールキーを押しながら aキー)を押し、で、ソースファイル全体を選択します。

  2. shift+Enter (シフトキーを押しながらエンターキー)を押すと、選択した部分がターミナルで実行されます。

ターミナルでカーソル行を実行

テキストを選択せずに shift+Enter を入力すると、カーソル行が実行されます。

  1. hello.py の末尾に移動し、1+1 と入力します。
  2. カーソルを 1+1 と入力した行に移動し、何も選択せずに shift+Enter (シフトキーを押しながらエンターキー)を押すと、カーソル行がターミナルで実行されます。

使い終わったら実行中のPythonを終了させる

shift+Enter キーを使って ターミナルで選択範囲を実行ターミナルでカーソル行を実行 を行ったあと、画面右上の をクリックして ターミナルでPythonを実行 を行うと、エラーとなってしまいます。

この場合、 をクリックして実行する前に、ターミナルタブのゴミ箱アイコン 🗑 をクリックして、いったんPythonを終了してから、ターミナルでPythonを実行 を実行します。

Copyright © 2001-2021 python.jp Privacy Policy python_japan
Amazon.co.jpアソシエイト
Amazonで他のPython書籍を検索