Visual Studio Code でPython入門 【Windows編】開発環境のインストール Pythonのインストール

開発環境のインストールWindowsエクスプローラの設定Pythonの整理PythonのインストールVisual Studio Codeのインストール次のステップ

不要なPythonの掃除 が終わったところで、実習に使うPythonをインストールします。

Visual Studio Code でPython入門 【Windows編】 では、Pythonの公式サイトからダウンロードする、いわゆる フル・インストーラ版 のPythonを使用します。

すでに他のWebサイトなどでPythonの勉強を始めている方で、Pythonの実行環境として Anaconda を利用したことのある人もいるでしょう。しかし、ここではAnacondaは使わず、Pythonの公式サイトで配布されているPythonを利用します。

AnacondaにはPythonが含まれており、プログラミング言語としてはPython公式サイトのPythonと同じものではありますが、使い方が違う点も多くあります。両者の違いを気にしながら学習するのは色々大変ですので、公式サイト版のPythonに統一します。Anacondaで学習を進めたい方は、Anaconda用の資料を探してみてください。

Anacondaと公式版の違いについては、PythonとAnaconda で簡単に紹介しています。興味があれば参照してください。

以下の手順で、Pythonのインストールを行います。

  1. Python公式サイトから、Pythonパッケージをダウンロードします
  2. ダウンロードしたパッケージをインストールします。
  3. PowerShellでPythonを実行するときに必要となる、スクリプトの実行許可を設定します。

パッケージのダウンロード

Python公式サイトの ダウンロードページ はちょっとわかりにくいので、こちらのページ からWindows用インストーラをダウンロードします。

https://pythonlinks.python.jp/

最新のPythonを選択してダウンロードしましょう。

パッケージのインストール

ダウンロードしたパッケージを実行します。

  1. "Add Python 3.x to PATH" をチェックします。
  2. Install now をクリックしてインストールを開始します。

"Add Python 3.x to PATH" をチェックするのを忘れないようにしてください。もし忘れたら、あわてず落ち着いてもう一度インストールしましょう。何度でも繰り返して大丈夫です。

Pythonの実行

さっそくインストールしたPythonを実行してみましょう。

まず、スタートボタンをクリックし、Windows システム ツールコマンド プロンプト を選択します。

すると、次のようにコマンドプロンプトが表示されます。

この画面で、python と入力してエンターキーを押すと Python が起動します。

PowerShellの環境設定

PowerShellでスクリプトの実行を許可しておきます。

スタートメニューで Windows PowerShell | Windows PowerShell を起動し、次のコマンドを実行します。

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned -Scope CurrentUser -Force

このコマンドは、一番最初に一回だけ実行してください。2回目以降は不要です。

Copyright © 2001-2021 python.jp Privacy Policy python_japan
Amazon.co.jpアソシエイト
Amazonで他のPython書籍を検索