環境構築ガイドUbuntu環境のPython

仮想環境

Ubuntu環境のPythonpip ¦ 仮想環境

Python を使って開発や実験を行うときは、用途に応じて専用の実行環境を作成し、切り替えて使用するのが一般的です。こういった、一時的に作成する実行環境を、「仮想環境」 と言います。

仮想環境は、次のような目的で使われます。

  • システム全体で使うPython環境に影響を与えずにモジュールの追加・入れ替えをしたい。

  • 同じモジュールの、複数のバージョンを使い分けたい。例えば、開発中のWebアプリケーション開発では、Webアプリケーションフレームワークとして Django の 1.10 を使い、新しいプロジェクトではバージョン 1.11 を使用したい場合など、簡単に切り替えられるようにしたい。

  • 異なるバージョンの Python を使いたい。Python2 でしか利用できない、古いモジュールやアプリケーションを使用する場合、Python3.x と Python2.x を切り替えたい。

仮想環境には特定のバージョンのPython本体と、各種モジュールがインストールされます。あるプロジェクトで使用する仮想環境では Python 3.6 と Django 1.11をインストールし、別のプロジェクトの仮想環境には Python 2.7 と Django 1.10 を利用する、といった環境を簡単に構築できます。

仮想環境を作成するモジュールには Virtualenv と、venv があります。ここでは、Python3 の標準ライブラリである venv を取り上げます。

仮想環境の作成

では、最初の仮想環境を作成しましょう。適当なディレクトリで、次のコマンドを実行します。

$ python3 -m venv ./py3env

このコマンドは、指定したディレクトリ ./py3env に仮想環境を作成します。

仮想環境の切り替え

作成した仮想環境の bin/activate を実行します

$ . ./py3env/bin/activate
(py3env) $

コマンド プロンプトの先頭に (py3env) と表示され、仮想環境で実行中であることをを示します。

仮想環境に切り替えると、環境変数 PATH が設定され、python コマンドや python3 コマンドで仮想環境の bin ディレクトリから実行されるようになります。

通常の環境では、python コマンドを実行するとPython2.xが実行されますが、仮想環境中では、python コマンドでも python3 コマンドでも仮想環境を作成した Python を起動します。

(py3env) $ python
Python 3.6.1 (default, Apr  4 2017, 09:40:21)
[GCC 4.2.1 Compatible Apple LLVM 8.1.0 (clang-802.0.38)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

bin ディレクトリには pip などのコマンドもインストールされており、コマンドラインから実行できます。

(py3env) $ pip

Usage:
  pip <command> [options]

Commands:
  install                     Install packages.
  download                    Download packages.
  …

パッケージのインストール

仮想環境を利用中も、通常通り pip コマンドを使ってパッケージをインストールできます。

(py3env) $ pip install tse
Collecting tse
  Downloading tse-0.0.15.tar.gz
Collecting argparse (from tse)
  Downloading argparse-1.4.0-py2.py3-none-any.whl
Collecting six (from tse)
  Using cached six-1.10.0-py2.py3-none-any.whl
  …

インストールしたパッケージは、仮想環境内にのみ書き込まれ、元の Python や他の仮想環境からは利用できません。

仮想環境の終了

仮想環境の使用を終え、通常の状態に復帰するときは、deactivate コマンドを実行します。

(py3env) $ deactivate
$

バージョン別の仮想環境

複数のバージョンの Python をインストールしている環境では、使用する Python を指定して仮想環境を作成できます。

Python 3.6とPython 3.7がインストールされた環境で、Python 3.7の仮想環境を作成する場合は、次のように指定します。

$ python3.7 -m venv py37env

ここで作成した py37env を使用すると、python3.7 環境に切り替わります。

$ . py37env/bin/activate
(py37env) $ python
Python 3.7.2 (v3.7.2:9a3ffc0492, Dec 24 2018, 02:44:43)
[Clang 6.0 (clang-600.0.57)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>


【Copyright © 2001-2018 python.jp】 【Privacy Policy】 python_japan