環境構築ガイド 〉 Ubuntu環境のPython

Ubuntu環境のPython

Ubuntu環境のPython ¦ pip仮想環境

Ubuntu には最初からPythonがインストールされており、そのまま利用可能です。

しかし、このPython は、 OS がさまざまな機能を提供するために使用しています。ユーザが勝手にパッケージを導入したりすると、 OS の安定性を損なうことも考えられます。また、バージョンが古く、Pythonの最新機能は使用できません。

そこで、ここでは最新版のPythonをダウンロードし、インストールする手順を紹介します。

Pythonのビルド

1. ビルドツール・ライブラリのインストール

次のコマンドで、必要なツール類をダウンロードします。

$ sudo apt update
$ sudo apt install build-essential libbz2-dev libdb-dev \
  libreadline-dev libffi-dev libgdbm-dev liblzma-dev \
  libncursesw5-dev libsqlite3-dev libssl-dev \
  zlib1g-dev uuid-dev tk-dev

2. ソースコードのダウンロード

https://www.python.org/downloads より、パッケージをダウンロードします。利用するPythonのバージョンを選択します。特別な理由がなければ、最新版のPython (下図では Python 3.7.2) をクリックします。

画面の一番下に、ダウンロード可能なファイルが表示されますので、「Gzipped source tarball」をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルは、次のコマンドで解凍します。

$ tar xzf Python-3.7.2.tgz

3. ビルド

次のコマンドで、Pythonをビルドしてインストールします。

$ cd Python-3.7.2
$ ./configure --enable-shared
$ make
$ sudo make install
$ sudo sh -c "echo '/usr/local/lib' > /etc/ld.so.conf.d/custom_python3.conf"
$ sudo ldconfig

ビルドしたコマンドは /usr/local/bin にインストールされ、python3.7 コマンドまたは python3 コマンドで起動できます。



【Copyright © 2001-2018 python.jp】 【Privacy Policy】 python_japan