Python環境構築ガイドUbuntu環境のPython pip

Ubuntu環境のPythonpip仮想環境

pip は、The Python Package Index に公開されているPythonパッケージのインストールなどを行うユーティリティで、Python 3.4以降には、標準で付属しています。

パッケージのインストールは、pipinstall コマンドで行います。例えば、Pythonの代表的な画像処理パッケージ pillow パッケージをインストールするときは、次のように実行します。

$ python3 -m pip install pillow

Note

python3 コマンドを使わず、pip3 コマンドを使っても実行できますが、初心者の方には python3 -m pip ... の形式をおすすめします。

不要なパッケージは、uninstall コマンドで削除できます。つぎの例は、pillow パッケージを削除します。

$ python3 -m pip uninstall pillow

Ubuntu 環境の pip

Ubuntuは、OSが標準でPythonを提供しています。この、OSが提供するPythonの実行環境用に、Ubuntuは独自にカスタマイズした pip コマンドも提供しています。

Ubuntu版の pip は、次のコマンドでインストールできます。

$ sudo apt install python3-pip

この方法でインストールした pip コマンドは、OSが提供するPython環境のパッケージを操作します。通常、Ubuntuの実行環境は apt コマンドで操作しますが、pip コマンドでPyPIなどからのパッケージをインストールすると、Ubuntuのパッケージ管理に不具合が発生する可能性があります。

通常は、pip コマンドではなく、apt コマンドを使って、Ubuntuのパッケージ管理の仕組みを使ってパッケージを更新するようにしましょう。

Ubuntu 版 pip の独自仕様

また、Ubuntu版の pip は、以下の点でオリジナルの pip と異なりますので注意してください。

通常、pipコマンドでパッケージをインストールすると、/usr/local/lib/ などの、全ユーザが参照できる、Pythonの共有モジュール格納ディレクトリにインストールされます。

しかし、--user オプションを指定すると、~/.local/ などのそれぞれのユーザ個別の専用ディレクトリにインストールされ、他のユーザに影響を与えずに自由にパッケージのインストールや削除ができます。

Debian パッケージの pip コマンド (python3-pip/python-pip) では、--user オブションのデフォルト値が変更されており、特権ユーザではない、一般ユーザとして pip install コマンドを実行すると、自動的に --user オプションが指定されたのもとして実行します。

このため、Ubuntu版の pip コマンドを使用する場合、非特権ユーザが pip install を実行すると、ホームディレクトリの ~/.local ディレクトリにインストールされます。

sudo pip3 install xxx のように、特権ユーザとしてコマンドを実行した場合には、/usr/local/lib にインストールされます。

Copyright © 2001-2021 python.jp Privacy Policy python_japan
Amazon.co.jpアソシエイト
Amazonで他のPython書籍を検索