ゼロからのPython入門講座オブジェクトとリスト Pythonの型とオブジェクト

Pythonの型とオブジェクトリストリストの操作while文を使ったリストのループ処理for文によるループ

Pythonでは、これまで紹介してきたような、整数や実数、文字列などのデータのことを、オブジェクト(Object) という用語で呼びます。Objectは英語で「物」とか「対象」とかいう意味の言葉ですが、Pythonでは、Pythonが操作するいろいろな種類のデータやプログラムなどのことを、まとめて オブジェクト と呼びます。

Pythonオブジェクトの型

オブジェクトには、整数や実数など、いろいろな種類があります。オブジェクトの種類のことを、 と呼びます。たとえば、数字の2は、整数型のオブジェクト、文字列の abc は、文字列型のオブジェクト という呼び方をします。

オブジェクトは文字や数字などのデータだけではありません。次のプログラムは、関数 foo() を定義していますが、

def foo():
    print("hi!")

この foo も、 関数型のfooオブジェクト です。

また、import 文を使ってロードしたモジュールもオブジェクトです。

import math

のように インポート した math モジュールは、モジュール型のmathオブジェクト と呼ばれます。

オブジェクトではないもの

一方で、これまで学んできたいろいろな演算子やwhile文if文 などはPythonに対する実行命令で、実体のあるオブジェクトではありません。数値などの値のように、変数に代入したり、関数のように関数名を指定したりと、プログラマが名前をつけられるものはオブジェクト、whileのようにつけられないものはオブジェクトではない、と考えると良いと思います。



Amazon.co.jpアソシエイト:
Copyright © 2001-2020 python.jp Privacy Policy python_japan