環境構築ガイドWindows 環境のPython

Pythonの実行方法

Windows 環境のPythonPython3のインストールCコンパイラのインストールPython 2.7のインストール ¦ Pythonの実行方法 ¦ pip仮想環境

Windows環境では、Pythonランチャー py.exe がインストールされます。

MacOS や Linux などの Unix系OSでは、python コマンドで Python を実行しますが、Windowsではこの py.exe で実行したほうが便利です。

通常、Python をコマンドラインから実行するときには、Pythonをインストールしたディレクトリを環境変数というシステム設定に記録する必要がありますが、py.exe は、設定をしなくとも実行できます。

C:\Users\user1>py
Python 3.6.2 (v3.6.2:5fd33b5, Jul  8 2017, 04:57:36) [MSC v.1900 64 bit (AMD64)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

py.exe は、最後にインストールしたバージョンの Python を実行します。インストール済みの、他のバージョンの Python を実行する場合は、オプションで指定します。

Python 3.6をインストールしてある環境では、py -3.6 でPython 3.6を指定して実行できます。

C:\Users\user1>py -3.6
Python 3.6.2 (v3.6.2:5fd33b5, Jul  8 2017, 04:57:36) [MSC v.1900 64 bit (AMD64)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

Python 2.x は、py.exe -2 で起動できます。

C:\Users\user1>py -2
Python 2.7.13 (v2.7.13:a06454b1afa1, Dec 17 2016, 20:53:40) [MSC v.1500 64 bit (AMD64)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>>

Pythonにインストールされた pip などのモジュールをコマンドとして実行するときは、通常の python.exe と同じように、-m オプションでモジュール名を指定して実行できます。

たとえば、pip パッケージを実行するときは、次のように -m オプションを使って実行できます。

C:\Users\user1>py -3 -m pip freeze
virtualenv==15.1.0

PATH 環境変数の登録

py.exe を使わず、python.exe コマンドを実行するときは、環境変数 PATH にPythonのインストールディレクトリを登録します。

パッケージのインストール 時に "Add Python 3.x to PATH" を指定していれば、自動的に PATH が設定されます。

PATH 環境変数には、Pythonのインストールディレクトリ(C:\Users\XXX\AppData\Local\Programs\Python\Python36\)と、インストールディレクトリの Scripts ディレクトリ(:\Users\ishimoto\AppData\Local\Programs\Python\Python36\Scripts\) が追加されます。

Scripts ディレクトリは、pip.exe コマンドなど、追加でインストールしたコマンドの実行ファイルがインストールされるディレクトリです。



【Copyright © 2001-2018 python.jp】 【Privacy Policy】